小豆日記

2013年04月

4月に入ってから、お母ちゃんはときどき思い出したように、

「今月はチクッをする月だからね~」とか

「来週はチクッをする日だよ~」とか

「今度の日曜日はチクッの日だからね~」とか

しつこいぐらいに「チクッ」「チクッ」言ってたの。

その日になったら、どうせいやっていっても連れてかれるんだから、そんなに何回も言わなくてもいいのに~って思ってたの。

数日前ぐらいまで言ってたのに、昨日はまったくお母ちゃんから「チクッ」の言葉が聞かれなかったの。

そして、今朝になってもまったくお母ちゃんはそんなそぶりも見せてなかったの・・・

そして・・・

会社へ出かける時間になって、いきなり

「あああああ~っっっ!!!」って。

どうも、あれだけ「チクッ」「チクッ」言ってた割には当日、忘れてたみたいなの。

ぶぶっっ。

お母ちゃんがあれだけ何回も言ってたのは、どうも、わたしに言ってるというよりも何回も言うことで自分に忘れないように言い聞かせてたみたいなの。

それなのに・・・

思い出したときにはもうすでに遅くて、会社に出かける時間。

仕方がないから、一旦会社に行ってから、またおうちの近くの「チクッ」の会場まで、お母ちゃんとわたしだけで行ってきたの。

会場についたら、もう遅い時間だから、わんこもそんなにいなくって、たくさんの種類のわんこは見られなかったの。

お母ちゃんはいろんなわんこを見られるのがうれしいから、「チクッ」の日を楽しみにしてるふしがあるんだけど、今日はお母ちゃんのもくろみは失敗に終わったの。

とはいえ、しばわんことか、ダックスとか、次々にわんこはやってきてたけど。

今日はそんなことよりもいつもとちがったことがあったの。

いつもは白いおじさんが無言でやってきて、おしりにぶすーっと一発さしていくんだけど、

今日は女の先生だったの。

まず、

「風があたって寒いでしょうからどうぞこちらへ~」って誘導してくれて、

「痛くないところにさしますからね~」「はい、終わりましたよ~」

って、すっごくやさしいの。

わたしも、まったくけいかいすることなく、リラックスしていられたの。

こんな先生だったら、ぜんぜん「チクッ」もこわくないの~。

来年もこのやさしい先生だったらいいな~、なの。

えっと、何が久しぶりかっていうと、この日記を書くのも久しぶりだし、

それからもう一つ久しぶりなことがあったの。

それはねえ、久しぶりにシャンプーに行ってきたの。

じゃーん!

99f44a9a.jpg


ピンクのバンダナかわいいでしょ!

うさぎさんのバンダナなのー。

わたしはピンクが似合わないっていつも言われてたけど、こんな色のピンクなら似合わないかなあ?だめかなあ?

トリミング店でシャンプーしてもらったのって何年ぶりだろう?

それぐらい、久しぶりのお店シャンプーだったの。

っていうか、シャンプー自体、とても久しぶりだったの。

というのも、ここのところずっとお父ちゃんもお母ちゃんもいそがしくって、わたしのシャンプーどころじゃなかったの。

何週間か前から、さすがにシャンプーしないとまずいねって言われてたんだけど、おうちでシャンプーするひまもないし、トリミング店に連れてってもらえるような状況ですらなかったの。

ようやく3月が終わって、おうちシャンプーは無理でも、なんとかお店には連れてってもらえる状況になったから、今日行ってきたっていうわけなの。

久しぶりのお店シャンプー、ちょっときんちょうしちゃった。

お母ちゃんが迎えにきてくれたとき、すっごくうれしくって、

「お母ちゃーん!!」って、しっぽぶんぶんしながら走って行ったもの。

さ、これでしばらくはふわふわ小豆でいられるの!うふふふーなの。

このページのトップヘ